ようやく平常・・・?!

こんばんは。
今日もお天気は良かったのですが、朝から風がめっちゃ強かったです。
寒くて、寒くて・・・、「これが有名な八ケ岳おろしなの?!」と思いました。

今は大寒。まだ春一番ではないはずですよね。(笑)

母は、今日は学校が休みだったこともあり、朝も遅くまで寝ていたのですが、昼間も良く寝ていました。
そして、夜も良く寝ています。
さっきから、何やら怪しい行動になっていますが、主よ、どうぞお守り下さい。
私もゆっくり休むことが出来ますようにお願い致します。(笑)

ここにきてようやく、お正月抜けしたような気がします。
暦の上では、かなり前に平常に戻ったはずですが、母がショートへ入っていたことも関係あるのでしょうか?!
千葉から兄が来たり、その後すぐ横浜の兄も来てくれたり・・・。
新年聖会も入っていたり、なぜか病院、病院も多かったし・・・。

とはいえ、友達から、何十年ぶりかで見る写真も送られてきているのに、いまだに返事もしていない状況です。
ごめんなさい。もうちょっと待っててね。(笑)
あと、HPのために教会の写真も送らないといけないし、火災保険の書類も返送しないといけない・・・。
トヨタさんも・・・。

そうこう考えてると、まだまだ忙しいですね。明日も母が学校行くのに送って行きますし。

いつも思っていることですが、一つづつ、一つづつ、一歩、一歩ですよね。

先日母が、日めくりカレンダーが新しくなっているのに気が付きました。
年末には、ホントに薄くなっていたカレンダーを心配したのか、「新しいのが来ちょっと?」と聞き、ショートから帰って来て、新しくなっているのにすぐ気が付いたので、凄いなあと思っていました。
90才になった母は、どんな感覚で時間が過ぎて行ってるのでしょうか?
今日みたいに、ほとんど一日中寝ていても、やはり時間が過ぎていくのは意識しているようです。

私も今年で満64才で、もうすぐ年金をもらう年齢になって来ました。
シミ、しわはもちろんのこと、白髪も出て来ているし、お腹も出て来ました。
こうして生きている軌跡を刻んでいくと、なんだかうれしいような、悲しいような、不思議な感覚です。
これが一日、一週間、一か月、一年と過ぎていくわけですが、残りの齢はどれほどなのでしょう。
イエス様にお会いできるのを楽しみにしていますが、それはいつなのでしょうか。

聖書には、「人は健やかであっても人の齢は70年か80年、一番長くても人の齢を120年にしよう」と書かれてあります。
100年時代に確かに突入した感はありますが、まだまだ寿命が延びて、120年時代も到来するのでしょうか。

もっともっと大昔の人は非常に長生きで、900年だ、800年だと書かれてありますから、どんなふうに時代を生きていたのでしょうか。

銀河系の話や、地層の話、ミイラの話なども近頃多いですが、本当にそうだったんでしょうね。
そう考えると、数えきれない人の人生がこの地球上で営まわれていることも不思議ですし、それが何千年も、あるいはそれ以上に続いていることってとても不思議ですね。

この地球も終わりのあることを聞いていますが、そんなことが起こるのはいつなのでしょう?!
また、それはどのようにして終焉を迎えるのでしょうか?
人の罪の力か、あるいはまた神様ご自身の御手か・・・。

聖書を良く良く読んでおく必要がありそうですね。
そして、社会情勢にも目を向けて、現実を受け止めなくてはね。

ISの新しいリーダーの素性が分かったとネットニュースで見ましたが、早く平和な世界になって欲しいと願わずにはいられません。

いつになったらイスラエルという国に平和が訪れるのでしょうか?
でも、聖書のお言葉ですからお従いします。「エルサレムの繁栄のために祈れ。」アーメン

インフルもまだまだ猛威を振るっているようですし、新型も次第に感染国が広がっていますね。

あなたとあなたのご家族皆様の健康が守られますように、また、主の祝福が豊かにございますようお祈り致します。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です