10月から平常の集会に戻ります・・

こんばんは。

今日もこちら甲府は非常に暑かったです。真夏日でしたね。

あなたのところはいかがでしたか?

先の9月頃、富士山の初冠雪日返上のニュースが出ましたが、もしやまたまた・・??と思われるようなここ数日の暑さです。どうでしょうか??

今日の夕方、久しぶりに近くのデパ地下に買い物に行きました。ちょうど5時を過ぎた頃でしたから、2割引き、3割引きが始まっていて、たくさんのお客さんが「我こそは…」と目利きしていました。私はうっかり忘れていて出かけたのですが、陽が短くなったからか、なんと半額製品も出始めていて、良い買い物をすることが出来たと大満足でした。

そのデパートに一番近い信号のところで新しい発見をしました。それは、歩行者が「信号待ちの時間が長くて大変!」と思われることへの配慮でしょうか、歩行者が見る信号の真横に、あとどれくらい待ったら青になるかをお知らせするランプの機械が設置されているのです。

私自身は初めて見ましたから、とても新鮮に感じて、ほとんど感動に近い感覚すら持ちました。

信号機で、歩行者が青になった時、テンポよく音が出るのはいろんなところで聞きます。あれも多分、ただ黙って待つよりは、少しでも気を紛らわして待ち時間のイライラを解消するために工夫しているのだと思いますが、今度は、音だけではなく、「赤」をどれだけ待てば「青」になるかを見える形で工夫しているのです。

何かにつけ進歩、進歩ですが、こんなところにまでこんな凄い工夫を考え付く人もいるんですね。

ある外国での信号機は、歩行者のマークを女の子に切り替えた所、交差点での事故が格段に減ったと聞きましたから、こういう工夫で、少しでも事故が減ってくれれば大成功!ですよね。有難いことです。

 

ところで、昨日の教会の話し合いで、コロナの全面解除を受け、この10月から教会の礼拝、お祈り会も平常に戻ることを決議しました。

ですから、日曜日は毎週10時からゴスペル、10時15分から礼拝、水曜日は朝10時からお祈り会、そして夜7時30分からもお祈り会が今まで通り再開されます。どうぞ、ご出席下さいますようお勧め致しまして、あなたのお越しを心よりお待ち申し上げます。どうぞ、よろしくお願い致します。

そういう訳ですから、今月は集会が平常に戻ったことと、引っ越しの準備、新しい住居の確保などなどいろいろ忙しいですけど、片付けや新しい住居も大方目途が付き、思ったよりも早く進むかもしれないと、少し気が軽くなりました。神様のお助けと、とりなし手の祈りのおかげです。これもまた本当にありがたいことです。心から感謝致します。

 

今日の箴言から;「力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれから沸く。」この御言葉は、私自身が教会に行き始めた頃、一生離さずに持ち続ける御言葉だと与えられた御言葉です。ですから、私自身にとっては特別な意味を持つ御言葉なのです。神様が、個人的に語って下さる御言葉を「レーマ」と言いますが、そうなんです、私にとっては「啓示」の御言葉なのです。神様からいただいた、特別な、一生の宝物なのです。これからも、とても大切にします。

 

さて、毎日昼間は暑かったり、そして夕方は冷えたりしていますから、どうぞお身体ご自愛下さいまして、お元気にお過ごし下さい。祝福をお祈り致します。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です