敬老の日、おめでとうございます・・・

こんばんは。

今、夜の9時過ぎですが、窓を開けていると寒いくらい冷えて来ました。さらに秋が深まった感があります。

今夜は十五夜でしょうか、真ん丸お月様とこの冷気がなぜかホントにしっくりくる、静かな夜です。

昼間、かなりコオロギが鳴いていましたが、夜はひっそりとしているのは、やはり少し寒くなってきたせいでしょうか? そろそろ冬支度に入ったのではないかと推測します。

 

ところで、今日は「祝・敬老礼拝」の予定だったのですが、コロナの影響で当分礼拝はお休みです。教会も該当者がたくさんいらっしゃるのですが、何もお祝いできなくてホントに申し訳ない気持ちです。

日本は本当に長寿国で、今、29%の方々が該当するのだそうです。おおよそ3人に1人という計算になりますね。

日本全国に、100才以上の方々が8万6000人もいらっしゃるそうで、数年前まではお祝い金100万円をプレゼントしていたのですが、今この現状ではとてもとても…、今は総理大臣名入りのお祝い状が立派な額に入ったものと、県知事さん名入りの、これもまた立派な額に入ったお祝い状が届いているようです。

お祝い金は各県や自治体によって違うと思いますが、山梨県はいくらなんでしょうね?!

私たちが属している自治会では、以前はお祝い金1000円とパック詰めのおこわでしたが、今年母には金2000円が配られて来ました。母には包み紙だけ見せて、当然私がいただきますが(笑)、有難いことです。

また、田舎からもいろんなものが送られて来ました。

長男からは梅干し、ゴーヤの梅汁漬け、栗の甘露煮、生のゴーヤとへべ酢です。

次男からは、大小の次郎カニ(五郎カニ?)5匹位、アユ(たくさん)、ウナギ(2匹)、川エビ2袋、生の山栗などです。

 見たことない大きさです!! 山栗はちっちゃいけど甘い!

 

また、孫からも高級そうな羊羹プリンが送られて来ました。

たくさんの方々にお祝いをいただいて本当にありがたいです。みんなに愛されて感謝します。母は、自分では「100才までいきるわ~!!」と言ってます。”(-“”-)”

今夜は、「栗ご飯とカニの味噌汁、へべ酢のショウガみそ」をいただき、遠い、遠い、ふるさとを満喫しました。!(^^)!

季節のものを季節にいただくことが出来るのが一番贅沢だと信じている私は、母の相伴に与らせていただき、非常に幸せな気分です。感謝します。

 

今月は礼拝メッセージがない分、自宅での礼拝と引っ越しの準備に追われていますが、少しピッチを上げて、明日からまた頑張ります。

いつもお祈りありがとうございます。私たちのこれからのこともお祈りに覚えていただければ感謝です。

 

朝夕が冷えて来ましたので、どうぞお身体ご自愛下さいまして、お元気にお過ごし下さい。主が共にあって、今週一週間も守られ、また、祝福されますようお祈り致します。

おやすみなさい。

 

※今日の箴言の御言葉「人の望むものは、人の変わらぬ愛である。」誰でも愛されることを求め、また、認められることを喜びます。でも人間は実に気まま勝手に裏切り、また、裏切られるものです。人間が死ぬまで求め続けるのは愛でしょうが、それを人に求めても満足はしません。決してあなたを裏切らないお方、あなたを愛してやまないお方がいることをぜひ知って下さい。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です