感染拡大のため、礼拝はお休みです・・

こんばんは。

今日は朝から台風14号の影響でずっと降っています。とはいえあまり風もなく、まるで秋雨前線のような静かな、細いしとしと雨です。明日の明け方まで続くようです。

和歌山あたりでは突風が吹いたそうで、屋根瓦がたくさんの家屋で剝がれたということです。大変でした。

また、高知でしたか、女性が増水した川に流されて亡くなっていますね。

毎年、被害が出ませんようにと祈りますが、何人かの方が亡くなったり、土砂災害が起きたり、各地で被害に会われます。ご遺族の方々にお見舞い申し上げると同時に、主の慰めがありますようにと祈ります。

気になるのは仕方ないですが、こうなってしまうと、やはり本当に外へ出て欲しくないですね。お互いに気を付けたいものです。

 

さて、私たちの教会では、9月は第一のみ礼拝を終え、その後はずっと感染拡大に伴い、自粛し、礼拝もお祈り会もお休みしています。山梨県はまん延~も解除され、感染者も減っている傾向にあります。10月は第一に礼拝と聖餐式、アッセンブリーが予定されており、その時にその月どうするかを話し合う予定です。

私たちも10月いっぱいで辞職しますので、今は引っ越し作業も同時進行で、少しづつですが荷物を移しています。10月に礼拝が再開されると忙しくなりますので、出来るだけこの9月に進めておきたいのが本音ですが、なかなか進まないのも現状です。やはり23年間と言うと、いろんなものを溜め込んでいますね。この際ですから、思い切って処分しようと思っています。身軽になれば、次への道もまた開けてくるのではないでしょうか。

とにかく、母が認知症ですから新しい所へ移るとまた進んでしまいます。それが気がかりなことの一つです。今のところ、母のことは大層変わるわけではありませんから大丈夫なのですが、その後‥ですよね、本当に進むのは。

ショートを利用するようになっただけでも進んだ気がしますから、新しい土地、新しいお家、新しい生活環境になればどれだけ進むことでしょうか?と思います。とにかく祈りながら、次のことを求めて導いていただこうと思っています。神様が良いお方で、私たちに良いことをして下さるお方であることを信じています。アーメン

ところで、明日の礼拝は本来は「祝・敬老礼拝」の予定でした。当教会も高齢化が進み、礼拝出席者の半数以上が該当者ですが、残念ながら礼拝はお休みですから、敬老者への祝福のお祈りも、また、プレゼントもお渡しできません。申し訳ございませんが、そのことをお伝えしておきます。どうぞ、ご了承下さい。

「敬老者の皆様、おめでとうございます。どうぞ、お体にお気をつけてこれからも元気にお過ごし下さいますように。」とだけお伝えします。すみません。

一日も早いコロナの終息を願いますね。生活はもちろんのこと、人間関係まで引き裂かれ、なんともやり場のないコロナの影響です。おそらく多くの方々が悩み、苦しみ、もがき、戦っておられることでしょう。

こんな困った時でも、頼れるお方がいらっしゃるとは、なんと心強いことでしょう。アーメン

今、困っている方々が、この事を機にイエス様との出会いが与えられますようにと心から願い、祈ります。イエス様は、9回裏逆転勝利を導いて下さるお方だからです。アーメン

 

今日の箴言の中に、「主の名は堅固なやぐら。正しい者はその中に走って行って安全である。」と書かれてあります。主こそ、われらの避け所であり、助けて下さるお方です。アーメン

このお方のもとに身を寄せましょう。アーメン

 

あなたとあなたのご家族皆様の健康が守られ、お恵みと祝福が豊かにございますようお祈り致します。アーメン

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です