主の教えを喜びとし・・・

おはようございます。

今朝は珍しく朝に更新しています。

近頃やたらと忙しかったり、緊急事態(危篤者あり)があったりでなかなか更新できていないのが現状です。すみません。

危篤の方は今は落ち着いているのだと思いますが、教会の最高齢者で105才ですから、いつ何があってもおかしくない状況です。

いつも笑顔で、感謝の絶えない姉妹ですから、そのまま笑顔でイエス様のところへ行かれるでしょう。

昨年からのコロナで、私たちも長い間お会いしていないので寂しいのですが、こんな危篤の状況でも家族以外は会えないので、状況は理解できますが、非常に残念な思いです。

105才って、凄くないですか?!

その方がおっしゃっていたのは、「80代なんてまだまだ・・、本当に大変なのは90代からですよ。」って。

そうおっしゃってた方が105才まで生きておられるのも凄いですけど、皆様に愛されながら笑顔で105才まで生きられるって、そっちの方がよっぽど凄いですけどね。

本当にクリスチャンの模範みたいな方です。

 

今日のデイリーブレッドの中にも、「幸いなことよ。・・・まことに、その人は主の教えを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。」ー詩篇―1:1~2 

と書かれてありますが、主を喜び、主を賛美することが長寿の秘訣なのかもしれません。

いのちは神様の御手の中にあり、私たちがどうこうできるものではありませんが、皆様に愛されながら、笑顔で長生きできるのはやはり神様のお恵みだと思います。

私自身は、世の始まりから望まれてきたような「不老長寿」は望みませんが、ただ、喜びと感謝をもって、主の御旨の内を歩ませていただきたいですね。

 

すみません。訃報が入りました。亡くなられたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です