備えが必要・・

こんばんは。

今日は暑かったですね~ぇ。夏日でした。日本各地で観測されたようですが、いよいよこれから暑い夏に入って行くんですね。

今年は桜もめっちゃ早くて、例年予定の「桜祭り」には葉桜となってしまいました。このサクラ開花もまた全国版に早かったみたいですね。

夏に入るのも早いようですし、台風や雷など、夏特有の災害もなんだかとっても早かったり、大きかったりするような予感です。果たして・・・。

 

先日からたくさんの仕事が重なっていて、一日に5つも6つも同時進行していますが、そのうちの一つ、消火器の点検が今日終わりました。

消火器購入後3年経つと、山梨防災〇事という「消火器」を買った会社から連絡が来て、会社が点検し、それを国(?)に報告する義務があるのだそうです。

私たちの教会では5個購入し、そのうちの一個は、母が借りている家のもので、私が個人的に買ったものですが、教会が買った時に一緒に買ってもらったので、当然点検も一緒にしていただきました。

教会に3個、牧師館に1個置いています。その5個を一個一個見て回り、”点検済み”のシールを貼って下さいました。そして、書類に必要事項を書いて提出するのだそうですが、そのために本当は8000円の費用が掛かるのだそうですが、今回はなんと無料にして下さいました。感謝!!

あと2年経つと、今度は中身の入れ替えになるそうですが、一本につき5000円(?)づつかかり、さらに点検する技術料ですかねー有資格者しかできない仕事なのでー8000円がかかるのだそうです。

私たちの教会は不特定多数の方がお見えになるので、この消火器はもちろんのこと、AEDも備え、防犯カメラも設置してあります。

時代が時代ですから、いろいろ備えて行かなければならないのは仕方のないことで、有事の際には大いに助かるだろうと思います。

先日も、県警の方がお見えになり、防犯カメラのSDカードを貸して下さいと言われました。「何かお役に立てましたでしょうか?」と聞きましたならば、「犯人の車に間違いないと思います。大いに役立ちました。」と言われ、「お役に立てて良かったです。」と話したことでした。

AEDも、外を通る方が”この施設にはAEDが備えられている”ということが分かるように、外の見えるところに「AED」と貼るのが義務付けられているそうで、いつそれを貸して下さいと言われないとも限りません。地域のために貢献できることは良いことですが、願わくばそういうことのないように願いたいものです。

実は、防犯カメラはそれ以前にも役に立っているんです。だから、教会として備えていて良かったなあと思っています。

 

ところで、私たち人間が一番大切なこととして備えなければならないのは、実は「死」に対して答えを持っているかどうかということです。

この「死」というのは、すべての人が体験することと決まっていて、一番恐ろしいことだと認識されているところに誤解があります。もし、その「死」に対して答えを持っているならば、「死」は絶対に恐れるものではないのです。

ある人は「死んだら無になる」と考えている人もいますが、聖書は、「死んでも生きるいのちが与えられている」と教えています。

一般的に言う天国とは、聖書では「神様がご支配なさる国」と理解します。ですから、天国は死んでから行くのではなく、神様を信じた時からすでに天国人としての生活が始まっていると教えています。神様が一緒にいて下さるところが天国です。そこは平安と喜びの国です。賛美と感謝があふれているのです。

そうは言っても、私たちが生きているこの世では、悲しみや苦しみ、病気や事故、貧困や死別、事件や戦争などなど、数えきれないほどの多くの問題があります。でも、心の中に神様がいて下さるならば、そんな大変な境遇にあっても決して絶望せず、小さな希望や小さな幸せを見つけることが出来るのです。

イエス・キリスト様は、十字架にかかって死なれましたが、三日目によみがえり、今も生きておられる真の神なるお方です。神様のご支配なさる天国へのパスポートは「イエス・キリスト」という名前のみです。ぜひあなたも、ご自分の死のことについて時には真面目に考え、今、元気なうちにその答え、すなわち「イエス・キリストなるお方を持つ」という備えをしていただけたらと思います。

これから暑くなって来ますので、どうぞ体調崩さないよう十分お気を付け下さい。

コロナもいよいよ拡大傾向にあります。GWが心配ですが、感染予防対策バッチリ取っていきましょうね。主がお守り下さいますように。アーメン

あなたとあなたのご家族皆様の健康が守られますよう、主の御名によってお祈り致します。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です