コロナ死者 世界で300万人超・・・

こんにちは。

昨日はほとんど一日中雨が降っていて寒かったのですが、今日は一転、朝から快晴です。風があり、周りの山々が新雪をかぶったのでしょうか?!冷たく感じますが、太陽のお恵みはそれ以上のものがあります。

 

ネットニュースで、コロナの死者が、世界で300万人を超えたことを知り驚いています。いまだに感染拡大しており、いったいどれくらいの人数を飲み込んでいくのだろうと思います。

日本でも、10都府道県で蔓延防止策が発表され、第四波とも懸念されています。ワクチンの接種も始まったものの、いまだ終息の宣言は聞いていません。それどころか、フェイザー製は、3回打たないといけないようなことも聞いています。いったいいつまで拡大していくのでしょうか。というのも、変異株が非常に感染力が強く、家族の中で一人が変異株にかかれば家族全滅感染と聞き、非常に驚いています。

我が家では、92才の母と、今年65才になる私が対象ですが、ワクチンを接種する前にかかりつけ医の許可をもらって下さいと書かれてあったので、かかりつけ医に行ってる間に〆切人数に達し、今回は逃してしまいました。5月頃また受付が始まると聞いていますが、逃した人が優先でもないそうです。高齢者だけではなく一般の方の受付も一緒だそうですから、また逃してしまう公算も大きいです。まあ、そのうち順番が回って来て受けられるだろうと思います。

とにかく外出する際には十分気を付け、うがい、手洗い、鼻うがい、手指のアルコール消毒、マスクをかける、密を避けるなど、一番最初から言われていることを地道にやる以外にありません。

母の施設も守られていて、今まで一度もストップがかかってないことは感謝なことです。これからも守られるよう、主に祈りつつすがっていきたいと思います。

 

今日は礼拝の中で、TVライフラインを見させていただきました。今年のイースターメッセージと、ビオラとピアノのデュオご夫妻の演奏など、非常に恵まれました。

TVメッセンジャーのお話は非常にコンパクトに、また、ポイントをピンで捕らえ、わかりやすく語られていて、さすがだなあと羨ましく思いました。すごいですよね。

またご夫妻の演奏は非常に訴えるものがあり、奥様のお証しを聞いて「なるほど、そうだったのかあ!!」と納得致しました。

今回出したCDは4枚目だそうで、「希望 主イエスよ来たりませ」というタイトルです。ご自身病いを経験し、その入院生活の中で御言葉と祈りを繰り返すという非常に豊かな経験をされ、またその時に主ご自身から「わたしは新しいことをする」という御言葉をいただき、その御言葉の通りに、今のご主人様との出会い、結婚へと導かれ、新しいことが始まったということです。

私たちの教会では、そういういきさつはまったく知らなかったのですが、ちょうどその4枚目のCDを購入し、毎週礼拝前や祈りの途中、また閉会後に聞いていたので、神様のなさることに驚きつつ、主の恵みと祝福に心から感謝したことでした。

お一人お一人のお証しを聞くたびに、神様のなされることはなんという奇跡、恵みであろうかと感動せずにはいられません。これからもこの主にしっかりすがり付いて、たとえどんな働き、どんな環境境遇においても、主の御名を心からほめたたえたいと願います。アーメン

 

まだまだ朝夕は冷えています。それに比べ、昼間はグ~ンと気温が上がりますので、どうぞ体調崩さないよう十分お気を付け下さい。

あなたとあなたのご家族皆様の健康が守られ、主イエス・キリスト様のお守りと平安、恵みと祝福が豊かにございますようお祈り致します。

今週一週間も、コロナから、あらゆる事故、危険から守られますように。主にありて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です