今もとりなして下さる神様・・

こんばんは。

今日も暖かい日で、朝ストーブを付けなくても大丈夫でした。

あなたのところはいかがでしたか?

今日は、3月最後の日であり、また、年度末日でもあります。明日から、新年度に変わって行くんですね。

春の選抜大会では、まだ3年生も出場していると思うのですが、新3年生という意味なのでしょうか。それとも、この3月に卒業された3年生という意味なのでしょうか。どちらにせよ、甲子園においてはいろんなドラマがあり、非常に篤い戦いが繰り広げられていますが、素晴らしい青春のページになることだろうなと羨ましくなります。

私の高校時代と言うと、色で言えば灰色、なんとも味気ない青春でした。いったい何をやっていたのだろうと思い出すことも出来ません。高校生になると、いろんな中学から合同で学ぶわけですが、ホントに勉強が分からなくなってしまったのが高校時代です。出来る人がいっぱいいました。特に数学などはチンプンカンプンで、関数やベクトル(?)など、未だに「なんのこっちゃ!」とさっぱりです。社会科も、日本史もわからないのに世界史?、さっぱりわかりませんし、興味もありませんでした。

そんな私が神学校に入った時に、使徒パウロの生き方にものすごく感動して、第一次、第二次、第三次宣教旅行など、面白くて面白くて…、本当は消灯を過ぎてから電気を付けていると校則違反になるのですが、見つからないように押し入れの中で、毛布をかぶって徹夜で勉強したこともあります。環境が違えばこうも違うもんですかね。聖書を読むのが大好きです。聖霊様によって、うちも外も全く作り変えられたということだと思います。

さて、昨日は、イエス様と一緒に十字架にかけられた二人の犯罪人は、実はイエス様を信じる前の、古い自分、生まれたままの自分の姿だったということを分かち合いました。イエス様は、聖霊様を通して、今もなお、私のために、またすべての人のためにとりなし祈って下さっていることを今晩お分かちしたいと思います。アーメン

  オリーブ山のゲッセマネの園で祈られるイエス様

主は今も生きておられ、御業をなし続けておられます。人を造り変えたり、救ったり、癒したり出来るのは神様にしかできない御業です。

こんな弱い、また罪深い自分のためにイエス様が身代わりとなって十字架の上で死んで下さり、私のすべての罪の罰を受けて下さったことを心から感謝致します。そして、すべての罪を赦して下さり、神の子として下さり、神の子としての特権、身分を与えて下さり、さらにその上永遠のいのちを与えて下さったことに心から感謝しかありません。

この世界に生きていても、私たちは天国人であり、倒れそうでも主が支えて下さり、罪を犯しても主がとりなし祈って下さっています。こんな大きな、大きな恵みを心から感謝します。ハレルヤ!

この素晴らしい主に栄光がありますように。アーメン

さてこれから、夜のお祈り会です。この感謝を祈りに変えて、主の御前に出たいと思います。アーメン

あなたとあなたのご家族皆様の上に、主のお守りと祝福、救いと恵みが豊かにございますようお祈り致します。

今度の日曜日午前10時から「イースター礼拝」です。この素晴らしい主の御業を心から感謝し、主に礼拝をお捧げ致します。あなたのお越しを心よりお待ち申し上げます。アーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です