迷えるハト・・??

こんばんは。

今日は風もなく本当に暖かい一日でした。一気に桜が咲いただろうと予想はしていましたが、こちら甲府は、なんと観測史上2番目に早い開花なのだそうです。”やっぱり、そうか”と思いました。暖かい日が続きましたからね。

あなたのところはいかがですか?

 

一般的に、「ハトは平和の象徴」と言われますが、今朝、教会に用事があって自宅のドアを開け、らせん階段を降り始めたところで、突然「バタバタ~、バタバタ~ッ」と音がしましたから驚きました。

一羽のハトです。

実は、自宅のらせん階段は外のベランダとつながっていて、どうもそこから入り込んだらしいのです。

捕まえようにもあちらも驚いていますから、ニッチもサッチもいかなくて・・。

やっとの思いで窓のドアを開け、それから、玄関のドアを思いっきり開けてあげました。

「ほらほら、こっちを開けてあげたからね。大丈夫?痛いところはない? 飛べるね??」などと話しかけながら追い出そうとしますが、バタバタと驚き、あっちへ行ったりこっちへ行ったり・・・。

出口からちゃんと外へ出れるように追い、何度かのチャレンジの末、やっと出て行ってくれましたが、出て行ってからもずっと今度は外の窓にしがみつくようにして止まったままで、なかなか飛んで行ってくれません。

どこか負傷しているのではないかと心配しましてよく見てみると、ちょうど額に当たるところの羽が跳ねています。(( ´艸`))痛いのでしょうか?!

またそこで、「どうしたの? どこか痛いの? 大丈夫?」と話しかけながら、ずっと飛び立つのを待っていました。

ハト特有の、目をクルクル回しながら、”いったい何が起こったのかわからない”というような顔をしながら、話しかける私の方も目をクルクル回しながら見て、それからやがて、やっと飛び去ってくれました。

よく見ると、ハトのクチバシって体の割に長く、しかもすごくとがっているのですね。まだ子供だろうと思いましたが、あれじゃあ、もう立派な一人前のしるしです。

 

     

今、大変な嵐の中にいるような気がしますが、平和の象徴であるハトが突然舞い込んで来てくれると、何故か神様からのお使いのように思えてなりません。「キリストの平和が、あなた方の心を支配するようにしなさい。」アーメン

心をしっかり持って、主に喜ばれる歩みを続けていくことが出来ますようにと願います。

 

あなたとあなたのご家族皆様の健康が守られますようお祈り致します。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です