神様の統治や恵みは変わらない・・

こんにちは。

今日は風もなく、温かい穏やかな日となっています。桜の開花がいよいよ進み、桜前線も北上することでしょう。心の中が嵐であろうと荒まく波風であろうと、神様の統治は変わりなく、穏やかに季節は進み、今日のお天気のように恵みいっぱいであることに変わりはありません。感謝です。

モコちゃんのエンジンオイルが非常に早くなくなることに以前から気が付いていましたが、なかなか思い通りにチャンチャンと管理していくことが難しく、どうかすると警告ランプがついてしまうということがありました。

主人は車が大好きで、自分で手入れを良くして、例えばエンジンオイルを交換すれば、次には走行距離〇〇kmになったら交換しようとか、他の液についても同じでした。次の目安を必ず記録して見えるところに貼っていたんです。

ところが私ときたら、乗るだけ乗って乗りっぱなし‥ということがほとんどで、何か気になるところがあればGSに飛び込むというのが普通のパターンです。

おとといでしたか、モコちゃんに乗っていたら、ちょうど家の駐車場に止った時、エンジンを切る直前にこのエンジンオイルの警告ランプがついてしまったのです。今までの経験から言って、この場合エンジンオイルが”ほとんど空っぽ”という意味です。今までもガソリンスタンドで「交換したほうが良いですよ。」と言われながらも、「とりあえず今日はすみません急いでますので、1ℓだけ足していただけますか」と騙し騙し乗っていたのですが、もうこれ以上騙しはききません。主人に訳を話し、一緒に行ってもらうことにしました。

そのお店につく間、警告ランプがついたり消えたり、ついたり消えたりしていて、ハラハラドキドキしながら、「イエス様、何とかお店に着くまで守って下さい!!」と必死で祈りながら走らせました。

主が祈りを聞いて下さって、無事お店につくことが出来、また、エンジンオイルも全く新しく交換することが出来ました。ハレルヤ!!本当に主に感謝です。

帰って来てから、「イエス様、ありがとうございま~す。」と二人で感謝の祈りをささげたことでした。もちろん主人にも、心から「ありがとう!!」と伝えました。これからしばらくは安心して乗れますから良かったです。!(^^)!

「何かを記録する」というのはホントに大切ですね。自分の口から出た言葉でも、しばらく経つと記憶があいまいで、言ったかどうかさえ忘れてしまいます。

大切な約束事はもちろんですが、自分の口から出たことで、他の人とのかかわりを持つようなことは、簡単なメモでも良いから取っておこうと思っています。そうすれば、後々そのメモを見て思い出すということもありますし、日付や時間など追記しておけば、もっと自分の中で整理出来ますよね。今回、スマホの電話記録やメール記録、ライン記録など大いにお世話になりました。今の時代、こんな便利なものがありますから、本当に大いに助かります。簡単に削除してはいけないなと感じました。

 

近頃、昼間やっとストーブを付けなくても過ごせるようになりました。朝夕は冷えますし年寄りもいますから無理せずつけていますが、だんだん温かくなってきていることをとても喜んでいます。

教会のほんのちょっとの、少ない土地の上に、綺麗な青と赤のヒヤシンスが咲いています。心が和みます。

 

 後ろはブロック塀の、小さな隙間に咲いてくれています きれいです!

また、部屋の中の胡蝶蘭も、一個、また一個と咲き続けてくれています。今、7個目が咲いたところですが、一番先に咲いた花と、二番目に咲いた花はすでに枯れてしまいました。三番目に咲いた花もしおれて来ましたから、今咲いているのは4番目、5番目、6番目、7番目の4個です。2番目の茎についている蕾も、そろそろ大きくなって来ました。最後までしっかり咲いて欲しいです。新葉や新根も次々に出て来ています。やっぱり楽しみです。神様から私への大きな慰めです。ハレルヤ!!感謝します!!

すべての造られたものよ、主の御名をほめたたえよ!! アーメン

今夜は7:30分からお祈り会です。また思いっきり賛美して、思いっきり祈りたいと思います。アーメン

あなたとあなたのご家族皆様の健康が守られますよう、イエス様のお名前によってお祈り致します。 アーメン祝福を祈りつつ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です