「あなたのしようとすることを主に委ねよ。」

こんばんは。

今日も良いお天気で感謝でした。近頃、朝の気温は5℃前後ってことはわかっていましたが、まさか「霜注意報」が出ていることには気が付きませんでした。ここに来てもまだ「霜注意報か・・?」と驚きましたが、確かにここ数日冷えています。それに比べ、昼間の温度は18℃前後まで上がって来ましたが、明日水曜日と金曜日は20℃との予報です。各地で、「サクラ開花」となるのも納得です。こちら甲府も、開花宣言はそろそろでしょうか??と思いますけど、いえいえ、まだ高山は新雪が降っているのですから、そのおろし風が吹いて冷たかったです。

 

ところで、私たちは、新年を迎えると「今年の計は元旦にあり」で、新しい目標やスケジュールを立てますが、さあ、3月の中旬を迎え、その計画は進んでいるでしょうか。

私も個人の目標を立て、また、教会は教会で行事、人事、予算など一年間の計画を2月の総会で決めました。それなりに順調に進んでいると信じていますが、時には物凄い誤解を受けたり、バカにされたりする時もあります。

正直やまじめの上に二文字付く私などはその典型です。でも、主が共にいて下さるのが大きな慰めであり、励ましであり、力です。

今朝読んだ箴言には、次のように書かれてあります。「人は心に計画を持つ。主はその舌に答えを下さる。人は自分の行いがことごとく純粋だと思う。しかし主は人のたましいの値打ちをはかられる。あなたのしようとすることを主に委ねよ。そうすれば、あなたの計画は揺るがない。~ 人は心に自分の道を思い巡らす。しかし、その人の歩みを確かなものにするのは主である。」

個人の計画も、また教会の計画も、主が喜ばれるものでなければならないと思います。ですから、自分がどうしてでもしようと思うのではなく、主が導かれる道を歩まなければならないことが分かります。

個人も教会も主の御声をよく聞く事が重要で、さらにその上、その御声に従うことが大切です。

主の御旨がはっきりわからないうちは動かず、じっとして祈り続けることです。主は必ず答えて下さいます。そして、その答えを聞いたならば実行に移すことです。御声を聞かないまま行動したり、あるいは御声を聞いているのに従わなかったりすることは損な結果を招きます。人の話にもよく耳を傾けて、主がそういう方々を通して語ることも多いと思いますから。

私たちが計画を持ったなら、主の前に静まり祈り、たとえどんな答えであろうと主にお従いする覚悟がなければなりません。自分の願いがいつもいつも主の御旨とは限らず、自分の欲である場合もあるからです。ですから、謙遜になって確かな御声を聞き、お従いすることです。

主は良きお方です。私たち神の子供に良いものを与えて下さいます。ですから、このお方をしっかり信じて、待ち望むことです。アーメン

本当に主は良きお父様です。アーメン 

あなたの願いや祈り、計画が主に喜ばれるものでありますように。そして、主のご真実にあずかることが出来ますように。アーメン

あなたは愛されています。イエス様をあなたの身代わりとして十字架にかけるほどに、あなたを愛しておられます。アーメン

このお方にすべての栄光がありますように。アーメン

まだまだ寒い日もあります。どうぞ健康が守られますようお祈り致します。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です