こ・ん・な・に・!!

こんばんは。

今日は暖かったですね。母が通っている施設の職員さんは半袖でした。若さもあるでしょうが、こちらはまだ冬支度のままですけど‥。(>_<) 

ところで、今日はなんという恵みの日だったことでしょう。先週から、午前10時~11時30分までのお祈り会が新たに設けられました。夜お見えになっていた役員の方々も、昼間明るいうちに喜んでお見えになっています。

教会で大切な駐車場整地の話し合いをしていますが、一人一人考え方も違いますし、お金の価値も違うでしょう‥、でも、いろんな意見を出し合いながら、一つの方向へと導かれたいと思います。そんな話し合いも集会後しました。私も自分の考えをはっきり言いながら、他の人の意見も聞いています。でも、一番大事なのは神様の御心を知って、それに従うことですから、まだまだ話し合い、祈り合う余地があると思っています。

そんなこんなで少し昼食が遅くなったのですが、1時30分を過ぎた頃、”ピンポ~ン”となって、御殿場の知り合いの方から良いものが送られて来ました。毎年、今頃の時期のものを送って下さるのです。「ヤッター、凄い!」と喜んでいたら、今度は午後3時頃になってまた”ピンポ~ン”となるではないですか。「えっ、今日は何の日だった?」と思いながら出てみると、今度はまたもや物凄いプレゼントが届いたではないですか。「わあ、凄い!凄い!凄い!」と喜んでいたら、今度は何気に見た胡蝶蘭の5個目がしっかり開いているじゃないですか。「わあ~っ、綺麗、きれい、キレイ、開いてる~ゥ!!」と大喜びしました。

 5個咲いているのがはっきり見えるでしょう?! きれいです!!

こんなに次から次へとうれしいことが続いて、「神様、私の言ってること聞いて下さっていますよね。」と主に感謝の喜びの祈りを捧げました。

そうして夜の祈祷会、時間になってから、何気に人の気配を感じて入口を見てみたら、なんとクリスマスに初めて来て下さった方がまた来て下さったではないですか。先生も最初から出席して下さり、4曲15分くらい賛美が続く間中ずっと座っていて、一緒に賛美して下さいました。

「いやいやいや、神様、こんなに‥凄い、凄い、凄い‥~」と、またまた大喜びし、主に感謝のお祈りを捧げました。

実は、午前中のことをもう一つ言い忘れていましたが、10時からのお祈り会の準備のために教会へ降りて行くと、自宅のドアノブに何か掛けてあったんです。「ああ、あの方だ!」とすぐにわかりました。先生のことや、私の体を心配して下さり、もう何度も何度もこの袋がドアノブにかかっているのを見て来ました。”焼き芋🍠”です。最初は2個づつ持って来て下さっていたのですが、ある時、主人と母の二人が大っ好きなので、私は端の方を少しだけいただきますって、余計なことを言っちゃったもんだから、それからこの方は3個づつ持って来て下さるようになったんです。その日も、しっかり3個入っていました。本当にありがたいことです。

こういう良いことが続くと、神様が私を幾重にも祝福して下さっていると思いますし、他の方とたとえ意見が違ったとしても、容易に怯まず、やはり納得いくまで話し合うべきだという確信が与えられます。

私たちの信じている神様は、その御力によって、私たちのために十字架にかかって死んで下さったイエス様を三日目によみがえらせ、天の御座の右に着座させたお方です。また、すべてのものの上におられるお方です。このお方に栄光がありますように。

この駐車場のことについては、いろんな場面で神様が御手を動かしておられるのを感じて来ました。ですから、一番良いことをして下さると信じています。

「私たちの心の目がはっきりと見えるようになって、神の召しによって与えられる望みがどのようなものか、聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか、また、神の全能の力の働きによって、私たち信じる者に働く神の優れた力がどのように偉大なものであるかを私たちが知ることが出来ますように」と祈ります。主は今も生きておられます。そして、御業をなし続けて下さっています。私たちを喜びで満たし、賛美で満たして下さるお方です。ハレルヤ!!

人生は山あり、谷あり、”まさかあり”のところも通りますが、神様はその時々にも慰めや励ましを忘れずに与えて下さいます。ですから、主が何もかもご存じのお方だと信じることが出来るので、忍耐もまた与えられます。主は、良いお方です。私たちはこの主を見上げて、私たちの間に対立や争い、分裂分派をもたらすサタンの策略に騙されないように気を付け、あくまでも御心を知り、主にお従いしたいと思います。アーメン

 

気温差の激しい日々が続いていますが、どうぞ風邪など引きませぬよう十分お気を付け下さい。

あなたとあなたのご家族皆様の上に、主の祝福と恵みが豊かにございますようお祈り致します。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です