フキノトウ、ゴチになりました・・

こんばんは。

今朝は割合温かいなあと思いましたら、なんと、朝の最低気温7℃となっています。ホントに?? そして明日は0℃ですから、ね、この違い‥、火曜日と金曜日は雨マークも入っていますから、三寒四温もそろそろ終わりに近づいているのでしょうか?

ところで、母のために借りている一軒家の庭先に、知人から分けてもらったフキとミョウガを植えているのですが、今年は2月に入ってから急に寒い日が続いたので、あちらのお家にはいかず、ずっと私たちと一緒に過ごしていました。「そういえば、しまった、フキノトウ‥」と急に思い出し、見に行ってみれば、すでに花が咲きそうなくらい伸びていて、しかも2個しか出ていないのです。

ないと思えばなお食べたくなるもの、「ああ、神様、今年はフキノトウ食べられなかったです‥」と残念がっていました。「去年は、あの方のお庭からたっくさんもらって来たけどなあ‥」と思い、「今年もその方のお家へ行ってもらって来たいなあ」と思っても、うちのように少し日陰のところでもうこんなに大きくなっているんだから‥、「あの方のお家なんか、お庭はめっちゃ広いし、しかも日当たりが良いから、うちよりもっと大きくなって過ぎているはず‥」と思えば、遠慮して足を踏み出せない。

そんな時、たまたま別の知っている方が、「あげたいお洋服があるから取りに来て下さい。」というので、急いでもらいに行くと、「裏の庭にフキノトウがあるからそれも取って帰って下さい。」とうれしいお声かけ。私は心の中で「えっ?? これって神様??」と思いながら、裏庭に確かに少し伸び過ぎているフキノトウが、いえ、よく見てみると、まだつぼみのままのものもあり、それこそたっくさん頂いて帰りました。

その日のお昼には、フキノトウの天ぷらを食べ放題食べることが出来、「神様、こんな小さな者の望みもかなえて下さってありがとうございました。」と感謝の祈りを捧げたことでした。

そのフキノトウを下さった方と、また別のお世話になっている方にもその天ぷらを届けました。下さった方のお家に行くと、「えっ、こんなに早く‥??」と驚いておられ、「実はね、あの後お友達が『フキノトウ頂戴』って訪ねて来たのよ。」って。私は全部全部取ったわけではなかったので「欲かいて、全部取って行かなくて良かった~!」と思いました。

そんなわけで、こんな小さな者の、小さな祈りも神様が聞いて下さって、美味しい春の味覚フキノトウを、とっても美味しく、美味しくいただきましたって話。

お・わ・り、です。

 

胡蝶蘭も4個咲きました。まだまだ蕾が控えています。うれしいですし、楽しみです。私への大きな慰めとなっています。

 ちょっと見えにくいですが、4個開いていて、手前の花の上には、2本目の茎が出ていて2,3個の蕾がついているんです。

ペットを飼っている人が時々口にするのですが、「あなたは何を文句言うでもなし、愚痴を言うでもなし、私の本当の友達よ。」って。今はそんな人の心境がよくわかるような気がします。何はともあれ、お花は本当にきれいです。

本来月曜日はお休みの日なのですが、実は、今日も忙しく仕事をしました。2月はあっという間に終わってしまって、日数が少なかったからです。でも、明日からもまた頑張ります。

今週は、毎日最低気温が違うようです。どうぞお身体ご自愛下さって、お元気にお過ごし下さい。祝福を祈りつつ…。おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です