クリスチャンよ、目覚めよ!!

こんばんは。

今日も非常に寒い一日となっていますが、新潟でしょうか、200cm積もってもまだ降り続いていると聞いています。雪はホントに厄介で、屋根おろしはしないといけない、道路はかいてしまっているので、あとからおろしたりかいたりするのを持って行くところがない。滑る、溜まる、降り続く・・、もう最悪ですね。雪国の方々に同情します。

以前、東北にほんの2、3年ですが住んだことがあります。その時も雪かきは大変でした。校舎の入り口のドアが開かない・・、窓から降りて、まず入り口のドアの外の雪からかきはじめ、あとは広大な敷地の雪かきを学生、舎監、スタッフともどもに、汗びっしょりになりながらかきました。

中には雪合戦したり、かまくらを造ったりして楽しんでいる人もいましたが、南国生まれの私としては、珍しいのは最初だけで、あとはゲンナリです。

車のタイヤが冬用があるなんてことも知らないで、よくまあ事故もせず、運転出来たもんですね。

神学校の入り口近くにため池があったのですが、そこにスリップして飛び込んだ老夫婦の学生がいましたが、イエス様が突然現れて、車を岸までスーッと運んでくれたのだそうです。ハレルヤ!!ですが、そんな目にあいたくないというのが本音です。また、この方も南国の方ですが、スリップして田んぼに落ちたんでしたっけ。電信柱と喧嘩した人も確かいたっけね。ホントにいろんなことが起こるのでヤバいです。ただ、亡くなったって話は聞きませんでしたから良かったです。

こんなにたくさん雪が降って、あらゆる事故から危険から守られて欲しいです。

 

ところで、明日は「クリスマス礼拝」です。私たちを愛し、私たちの救いのためにお生まれ下さったイエス様のお誕生をお祝いする、記念の礼拝です。出席される方々と共に、心からの礼拝をお捧げしたいと思います。

今はコロナのこともあり、礼拝を休まれる方もいらっしゃるのですが、それ以外に休まれる方々も多くて悲しいです。せっかく救いを頂いたのに、あのらい病が癒された10人のうち、一人しかイエス様のところにお礼に来なかった記事を思い出します。それぞれに事情のあることでしょうが、主を礼拝することは何よりも優先しなければなりません。たとえ、会堂に来ることが出来なくても、時間や場所が違っても、救われた喜びと感謝の意をもって、心からの礼拝をお捧げして欲しいと思います。

このコロナのことで、一人一人の信仰が振るわれていることも確かなことです。私たちは、順風満帆の時には「ハレルヤ、ハレルヤ」と言えるのですが、いざ試練が降りかかると、ハレルヤどころではなくなります。心が、イエス様ではなく問題を見つめているからです。決してイエス様から目を離さないようにと、いくら説教で聞いても、そういう状況になるといとも簡単に忘れてしまいます。いろんな賛美があり、「♪あなたの愛は、いのちにも勝るゆえ・・♪」などと簡単に賛美していますが、その本当の意味を理解して、どんな時にもお従いするのは並大抵のことではありません。もしかしたら、ほとんどの方がそうなってしまうのかもしれません。

どうぞ、クリスチャンたちよ、目覚めよ!! もうすぐ、主が来られます。主から目を離さないで下さい。

昔、大阪でのこと、ある宣教師の方が、マレーシアだったか、インドネシアだったか忘れましたが、遣わされたのだそうです。すると、礼拝中にこそこそと話しているのが聞こえ、そのご夫妻のところに強盗が入ったというのです。日本で強盗と言うと、高価な宝石や時計、現金などを奪っていくのでしょうが、あちらの国の強盗というのは、電気製品から何から、そこら辺にある物すべてをゴッソリ持って行くのだそうです。ですから、強盗に入られた家はなんにも残ってないのだそうです。

そのご夫妻はもちろん、そういうことはすぐに察しがついたと思いますが、席を立つこともなく、そのまま礼拝を続けたのだそうです。その宣教師は、私たちに向かって「礼拝中にそういうことを聞いたら、あなただったらどうしますか?」と聞かれたのです。私はそのメッセージを強烈に覚えています。非常に感動したからです。自分がそういう立場になった時、同じように出来るかどうかわかりませんが、でも、そうありたいと願いました。

日本でのクリスチャン人口がなかなか増えて行かないのは、もしかしたら、人間的な思いが強すぎて、病気の人がいれば「治ったら来て下さいね」仕事がある人には「仕事がない時に来て下さいね。」というようなことが多いからなのかもしれません。

主を第一にすることは本当に戦いです。仕事、用事、病気、人間関係、などなど・・。そんなことは置いといて、まず主を礼拝しましょう。「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、・・・。」すべてうまくいく!!です。

これからの日本は、まずクリスチャンが変えられなければならないと思います。それはただただ神様の恵みにより頼むことですが、神様を神様とする。偶像を造らない、拝まない、気を取られない。こんなクリスチャンが増えることを心から願います。

明日の「クリスマス礼拝」が祝福されますように。そして、主が豊かにご臨在して下さり、私たちの礼拝を喜んで受け取って下さいますように。

「イエス様、私を救うためにお生まれ下さってありがとうございます。そして、こんな罪人の私を救って下さって本当に、本当にありがとうございます。あなた様のなして下さった御業を心から感謝し、聖名を心からほめたたえます。イエス様のお名前によって、感謝してお祈り致します。アーメン」

 

明日は、10:15~クリスマス礼拝が始まります。どうぞ、いらして下さい。お待ちしています。

まだまだ寒さが続きますが、コロナから、風邪から、インフルエンザやその他から、健康が守られますように。そして、主のご降誕を心からお祝い出来ますようにお祈り致します。アーメン おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です