主は良いお方・・

こんばんは。

今日も良いお天気で感謝でした。

近頃は、気温も低くなったからでしょうか、富士山も良く見えるようになりました。ビューティフルです。

 

寒くなってストーブを使うようになると、ストーブの上で結構お料理出来て感謝です。ストーブの上で作るのは、お鍋やシチュー、カレー、おでんや煮物などですが、ゆっくり、じっくり煮ますから、材料がホントに柔らかになって、お年寄りにも喜ばれます。そのため、玉ねぎ、ジャガイモ、ニンジンは切らさないようにいつも常備するように気を付けています。

今夜、主人がシチューを食べたいというので、さっそくこれらの材料を使い、そこに鳥骨付きモモをいれて1時間以上煮ました。実に柔らかく、ほっくりと煮えたので、「シチュー、シチュー、ルウはどこ?」と捜したのですが、あんなにたくさん(二箱)ストックしていたはずなのに、すでに食べ切っており、見つかりませんでした。「はて・・?? どうしましょ!?」と悩んだ末、結局鳥ガラ出しを入れて、ポトフにしました。

せっかくシチューを作ってあげたかったのに残念です!また、ストックしておきます。

ストーブの上ではいつもお湯が沸いていますし、こんなお料理も知らぬ間に出来てしまうので、ホントに助かっています。

 

私は少し気管支系が弱いので、 ーたぶん、家系ですー  ストーブの上でお湯をシュッ、シュッと沸かすのが最適だと思っています。寒い時は、ファンヒーターがGOODなのですが、ずっとそれやってると喉をいためてしまいますし、エアコンも同じです。ですから、私はこれまでも、これからもずっと昔ながらのストーブファンです。

実際これでどれだけ節約出来たり、美味しいものをいただいているか、そのお恵みは計り知れません。しかも、料金も安く、節約できる。すべてにVERY GOOD!!です。

今は、家でもオール電化が流行りですが、私はやはりハイブリットが良いと思っている方ですから、ストーブはこれに限ります。燃料の灯油に問題がなければ・・・ですね。

 

今回のコロナのことで、教会でもいろんな問題とぶつかり、いろいろ考えさせられました。礼拝をどうするか、リモートはどうやったらできるか・・。

このコロナ禍の中で、ある人はがんの手術を受け、ある人は交通事故に会うなど、次々と祈りの課題が浮かび上がって来ました。

結局、「祈るしかねぇ~べ!」です。

こんな時ですからなおのこと、皆様と一緒に心を合わせ、気持ちを合わせて、病の方々のために祈り、一日も早い回復を祈りながら、また明日へ、また明日へと一歩づつ希望をつないでいくしかありません。絶対にあきらめないで、やり続けましょう。祈り続けましょう。

問題は次々に起こっています。主の御言葉とご愛にしっかりと立ち、「愛されていること、許されていること、覚えられていること」を主に感謝し、主と共に歩ませていただきましょう。

あなたもどうぞ諦めないで下さい。あなたのために、多くの方々が祈って下さっています。

神様ご自身が良いお方で在って、あなたのために良いご計画を持っておられます。試練の時は苦しいだけで、とてもそんなことを考える余裕がないかもしれませんが、それでも神様の御愛はあなたの上に、変わることなく注がれています。アーメン ですから信じましょう。主は必ず良い結果を持っておられることを。アーメン

 

あなたとあなたのご家族皆様の上に、主のお守りと祝福が豊かにございますようお祈り致します。アーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です