ありがたい、うれしい!!

こんばんは。

今日もやはり梅雨らしい降ったり曇ったりの一日でした。夕方には夕焼けが出ていましたから、明日はよいお天気なのでしょうか?!

昨夜、またモンスターが暴れていまして、ホントに大変です。

水曜日の夜、会堂で祈っていたのですが、そのままそこで寝たい気分になり、会堂に泊まりました。次の朝3時半に起きてまた祈り始め、聖書を読んだりなどしていましたが、自分の都合で寝ないのは結構平気な方です。

その分、今夜は早く寝ようと思っていたところにこの騒ぎです。午前2時半、いつものように「ドンドン!ドンドン!」と激しくドアを叩く音。こういう叩き方をする時は決まって寝ぼけている時。

迷わずすぐに起き「なんね。」と聞くと、「牛の子が出たっちゃが!!」と興奮気味。

「またかー!」

何を言っても聞き入れず、外へ出ようとする。主人も寝ているのにこの時間通してはならぬ!と私も頑張り、30分くらいたってからでしょうか、やっと静かになって寝てくれました。

「今夜は絶対起きないでね。」と思った時に限ってやってくれるんですよね。どういう人?!

私たち夫婦二人はフラッフラになっているのに、当の本人は何にも覚えてないんですからね。良い性格です!!(苦笑)

 

ところで、今日はうれしいことに、以前コメント下さっていた方が久しぶりにコメント下さいました。4月にHPがリニューアルしてからさっぱりだったので、読めてるのかな・・??と心配していたんです。読んで下さっているようです。ホントにうれしい!

その方はちゃんと見ていて下さいました。毎日更新するのがどんなに大変なことかを。

今までに何千回と更新していますが、そのうちのほんの数回の記事に腹を立てる人もいますが、こうして更新するのがどんなに大変なことかを理解して下さる方もいます。ホントにありがたいことですし、うれしいことです。

批判、批評だけではなく、まずその努力を先に評価してほめて欲しいところです。

つまらない記事も多いかもしれませんが、少しでも福音を発信したいと願っているからこそ、続けられます。

主はきっとほめて下さっていると信じています。

話がそれてしまいましたが、そんなわけで、今日はゆっくり畑を見る暇はなかったのですが、それでも夕方暗くなる前にちょっと行って見たら、例の犯人を見つけました。

虫に食べられて、軸だけ残った葉っぱ

今年、異常発生しているというカメムシです。カメムシに罪はないのでしょうが、お野菜を食べられてしまうので、かわいそうですがごめん被ります。

私が日本人に生まれたのも、また、今の時代に生まれたのも神様の御計画ですが、カメムシがうちのお野菜に生きているのも神様の御計画と思いながらも、人の意志で簡単に処分されてしまうんですからね。う~ん、いろいろ考えさせられちゃいます。ごめんなさい。

これでも昔は虫一匹殺せなかったんですよ。背筋がゾゾっとします。

今は、自分の手を汚さなくても「殺虫剤」という強力な助っ人がいるので出来るのですが。

そういえば、東北の聖書学院にいた時代、私はキャベツを毎日見回る役を仰せつかったことがあります。あの時、青虫をやっつける訓練を受けて、少しづつたくましくなったんです。

あの時は、背筋がゾゾっとしながらでも、目をつぶって奉仕に専念しましたが、今でもやっぱり自分の手を下すのは苦手で、文明の利器を利用しなければ無理ですけど。

キュウリやナスも少しづつ大きくなってきていますし、一番トマトも少し赤らんできましたから、うれしいです。明日はまたしし唐が収穫できそうです。

ゴーヤの苗が伸びて来て、網を超えて来ました。ゴーヤには悪いんですけど、Uターンしてもらって網に引っ掛けました。これから、どうなりますかね。大丈夫でしょうか。

 

またまた話変わりますが、今日主人と話していて、「私が植えて、アポロが水を注ぎました。しかし、成長させたのは神です。」というみ言葉が思い浮かびました。聖書は、「それで、大事なのは、植えるものでもなく水を灌ぐ者でもありません。成長させて下さる神なのです。」と続きます。

一人一人が自分のやるべきことをやっていれば、神様は必ず良い結果を与えて下さると思います。与えられたもの、任されたものに忠実にお仕えしていきたいと願います。アーメン

コロナもですが、熱中症にも十分お気を付けてお過ごし下さい。祝福を祈りつつ・・・。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です