一人10万円・・・

こんばんは。

今日は朝からず~っと一日中冷えています。ストーブを出したままにしているので、せっかくの機会だからと今日はつけてみました。室内温度が表示されますが、さすがに20℃を超えていて、こんなお家うちだけかも?!と思っちゃいました。

母は今日はデイが休みだったのですが、なんとこたつを付けてお昼寝していました。暑がりの母が珍しいなと思って、やっぱり寒かったってことですね。

夜も冷えてますから、さっきあったかい飲み物を飲みました。ですから、今は暖かく感じています。ちょっと油断すると風邪でも引きそうですね。どうぞ、ご注意下さい。

あなたのところはいかがですか?

 

今日の昼間買い物に行き、”ブリのあら”が安かったので買って来てお煮つけしていたら、ちょっと油断してしまいまして焦がしてしまいました。結果的には美味しかったのですが、あれが焦げなければどれだけ美味しかっただろうと悔やまれます。ホントに惜しいことをしました。というか、もったいないことをしてしまいました。

先日、ある教会から献金の要請が来ました。北日本にある教会ですが、なんと珍しい和風の木造建築の教会です。教会というとどこでも洋風作りが多い中で、木造建築の和風と聞き驚きましたが、木造だったからかどうかわかりませんが、見積もりよりもかなりオーバーしたそうで、今月中に支払いが500万円必要なのだそうです。

そこの教会からある国に(言えない国)宣教師を送っておられるのですが(牧師さんの娘さんです)、私はまだ一度もあったことがありませんが、私が病気して手術した時にその宣教師の先生からお見舞金を頂いたことがあり、それからのつながりです。

今回の献金が一口10万円というのでそれも驚いたのですが、普通は一口1000円くらいからじゃないですか!それが10万円って、えっ、誰がそんなに献金できるの?と思ったら、コロナのことで一人10万円ずつ支給するという話じゃあないですか。それでやっとつながったんです。そうか、それでか、いや、それにしてもそんな大金献金できる?!と自問自答していました。

ちょっともったいないというか、いや、自分たちの将来のために貯金もしなきゃダメでしょ!と思っていたのです。

ところが今日、ある所からお洋服がたっくさん届けられました。どれをとってみても上等で、お金に換算すれば10万円ははるかに超えていると思われます。たった一枚でそれくらいするんじゃないの?と思われるようなものも入っていました。

もちろん、、要請があった教会には、最初からいくらかでも献金したい思いはありましたけど、やっぱり10万円じゃなきゃダメ?と、どこかに紐付けたようなそんな献金の意志でした。でも、その後でこんなすごいプレゼントをもらったことを思えば、今度は喜んで献金しようと思いが変えられました。

「神様、こんなしみったれた思いで献金しようなんて思っていてごめんなさい。喜んでお捧げ致します。」と祈ったことでした。

神様が与えて下さる祝福は、お金に換算できないほどのものです。

さらに、母に、「お母さん、一人づつ10万円もらえるそうだけど、お母さんのお金フーがもらって大丈夫ね?」と聞いたら、「いいが、いいが、あんたが貯金しない。」と言ってくれました。ああ、神様、何もかもありがとう!!です。明日、早速振り込んで来ようと思います。

以前から何度か”キラッと金が…”と話していますが、今朝、ドバっと金が私の手のひらに光ったんです。あれはきっと母からのプレゼントのお金だったのかもしれません。「まだまだ続いていますよ~、祝福のキラッと金が~!!」実はあまり大きな声では言えませんが、神様からの祝福はずっと続いているんです。(笑)ありがたいことです。

さて、話変わって、今夜もご一緒にデイリーブレッドをいただきましょう。

「国は国に向かって剣を上げず、二度と戦いのことを習わない。」イザヤ書2章4節

「悪と戦わなければと奮い立たされるものはありますか。自分の身近で平和のために出来ることがありますか。」

「イエスよ。あなたが治められる平和な世界を待ち望みます。私たちの町にも主の御国が来るために聖霊によって私たちを用いて下さい。」アーメン 

平和の主よ。御心が天になる如く、この地にもなさせたまえ。アーメン アーメン 

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です