感謝してる・・・かな?!

こんばんは。

今日は良いお天気だったのですが、非常に風が強く、洗濯物が飛んで行きそうでした。物干しざおに掛けてある衣文かけが一か所に集まり、時々見に行かなければなりませんでした。運よく、飛んで行ったものはありませんでしたし、逆に、母は4時過ぎに帰って来るのですが、陽が長くなったのでそれからでも急いで洗濯すれば、今日のような日はすぐに乾いてくれますから大助かりでした。

陽が入って夕方になると、とっても空気が冷たく感じました。高山はまだ雪ですから、そのせいでしょうか。   もう4月も下旬に入っているのですが、いつまでたっても寒いです。

上の写真は、先日、歯医者に行った時、待合室に飾ってあったアジサイですが、とってもかわいかったので一枚失礼しました。何でもこれ以上大きくならないのだそうです。色も形もバッチグーです。

少しづつ、写真の取り入れ方が分かり始めました。(でも、まだまだですけど・・・。)

今日は水曜日で、本来なら祈祷会ですが、新型コロナウイルスの影響で、しばらくすべての集会はお休みです。

今朝、母をデイへ送ってから午前中、午後、そして夜も聖書を読んだり、信仰図書を読んだりして過ごしました。 夜はお祈りもしました。まとめて聖書が読めると非常にうれしいです。近頃は、小さい字は目が疲れるので、一番大判の聖書を使っています。すると、驚くほどすらすらと読めてしまうんです。だから、ホントにうれしくて、今日は集中読みしました。

集会があるかないかってホントに大きいですね。

私は信仰持って36年位ですが、以前の教会では週に3回は集会に出ていました。こちらに来て週2になり21年ですから、単純計算すると、週一回しかない教会で87年間信仰している人に匹敵します。さらに聖会やセミナーなど入れれば、すでに大人のクリスチャンになっていなければなりません。聖書の御言葉に照らし合わせて考えると、果たしてそうなっているかなあと自問自答しました。

聖書を知れば知るほど、自分の足りなさと弱さを知り、神様の愛の深さと忍耐深さを知らされます。人間がどんなに修行しても良い人間になれっこないことの証明です。自分の足りなさや弱さを意識しながらも、神様の愛に包まれて平安を持つ時、人は幸せを感じることが出来るのだと思います。そして、そんな弱さや足りなさを知り得た人々の集まりが教会です。お互いに祈り合い、支え合っていきたいですね。これからもどんなことが起こるか想像もつきませんが、御言葉を読む限り、さらに大変な時代になって行きます。父なる神様にしっかりと掴まって、御翼の陰にかくまっていただきたいです。

今日のデイリーブレッドには、神様の驚くべき被造物が私たちを養っていてくれると書かれてあります。見るモノ聞くモノ、 触るモノ、食べるモノすべて、すべてです。どうやってそのことを神様に感謝しますか?と問われています。主の御名をほめたたえずにはいられません。アーメン

もっともっと感謝する心が与えられるようにと願います。毎日同じような日であっても、一日として同じ日はない。そうですよね!?だから、毎日感謝!!アーメン

うれしいことがあった日は素直に喜んで感謝できるんですがね。(苦笑) 反対だとどうも難しい。そこが大人のクリスチャンかどうかの分かれ目ですかね。でも、主はいつでも良いお方です。アーメン

あなたとあなたのご家族皆様の健康が守られますように、また、恵みと祝福が豊かにございますようお祈り致します。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です