が~っかり・・! しっか~し・・・!!

こんばんは。

今日はスカッと晴れた、気持ちの良い朝でした。気分も上々⤴で、母と二人で張り切って小瀬公園へ出かけました。

コロナの影響で、いつもとは違うスケジュールに「今日は何日の何曜日?」というような、ちょっとボヤっとした毎日なのです。

いつもは水、日、水、日とメインがはっきりしていましたが、今は集会もなく、メッセージもありません。    うれしいような、何か物足りないような、変な気分です。

とはいえ、今までがあまりにも忙しかったし、ちょうど良い機会だとも思い、小瀬の白樺を楽しみに出かけて行きました。ゆっくり散策などして森林浴も久しぶりだと非常に、非常に楽しみに出かけたのです。

ところが、ところがです。

駐車場の入り口が近づくと「駐車場閉鎖」の看板が目に入りました。二人の警官でしょうか、入り口にいて、入ってくる車の運転手に何やら話しています。私の番になり、入っていくと、「すみません。今日から駐車場が閉鎖になります。中に入って散歩したりするのは構わないのですが、車は止められません。」とおっしゃるのです。

「ええっ・・・?!」と驚きました。昨日まで何でもなかったのに…、今日は新緑の白樺をあんなに楽しみにしてやって来たのに…、「相生から歩いては来れませんからね。91才ですから…」と、どうでも良いようなことをつぶやきながら、仕方なくUターンしました。

非常にがっかりしました。

まあ、それで諦めるような私ではありませんで、ぐるっと裏へ回り、ちょうど白樺の植えてあるところ当たりに車を止め、母を車に残して白樺を見に行って来ました。

途中通った公園内のトイレも完全にシャッターが閉まっていました。”散歩は大丈夫と言っても、トイレ閉まってるやんけ!”と一人ぶつぶつ言いながら、すでに時期を逸した白樺を見ながら、またも”時期過ぎてるやんけ!”と、今日の午前中はずっとこんな具合でした。(苦笑)

仕方なく家路についた次第です。

午後からは、歯医者の予約が入っていたので、今度は主人と一緒に二人で出かけました。

どういうわけか、ひょんな気持ちから別のルートを通って行きました。するとどうでしょう、ハナミズキが真っ盛りなのです。そこは毎年「ハナミズキ祭り」を催す通りなのですが、今年は、祭りも中止になったのでしょう、何の飾りもありません。坂の上から下まで、ず~っとハナミズキが満開です。

まあ、なんと見事な光景。

幾人もの方々が写真を撮っています。私も、車の通りを気にしながらも道路の真ん中で何度もシャッターを切りました。坂になっているのがなんとも強みです。

実に見事な光景です。

午前中の白樺は完全にハズレでしたが、神様はまたこうして新たな神様の恵みの御業を見させて下さいました。

下の写真、綺麗でしょ?!

そんなこんなで、また一日を無事に過ごさせていただきました。口の苦情がなければ最高だった…、神様、ごめんなさい。これからまた気を付けます。

今日のデイリーブレッドの御言葉「和解させられた私たちが、彼のいのちによって救いにあずかるのはなおさらのことです。」―聖書―   

あなたと神との友情は、今日、どんな状況でしょうか。

天の父なる神様、あなた様の友とは決して言えないような者ですが、あなた様が〝友”と呼んで下さることに感謝します。今日もあらゆる悪より守られ、また、あなた様の偉大な創造の恵みの御業を見させていただき、ありがとうございました。一日も早く新型コロナウイルスが撲滅されますように。また、感染された方々に一日も早く回復が与えられますように。これからの感染が全く遮断されますように。すべてのことをイエス様の御名によってお祈り致します。アーメン 

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です