明日から4月、新年度へ…

こんばんは。

昨日からどうもすっきりしないお天気で、今日もついに一日が終わってしまいます。

昨日、小瀬に行ったら5分6分咲きだったのですが、今日のさくらはいつの間にか満開になっていました。

今日は3月最後の日。また、年度末でもあるんですよね。

明日から4月が始まり、新しい年度へと移っていきます。

どんな一年になることでしょうか。

いまだ新型コロナウイルスは衰えるところを知らず、有名な方々も陽性を表明していますし、昨日の志村けんさん訃報ニュースは、日本中を泣かせました。

一日も早いワクチンの発見が期待されますし、ウイルスそのものの生存環境による消滅も祈りたいです。

最初は熱に弱いと聞きましたが、それもデマだったと後で聞かされ、非常にショックでした。本当に、あれはやっぱりデマだったんですか?!

でも、何か弱いところがあるはず…、天敵とかね。早く発見されたら良いですね。

今週の金曜日は「半徹」です。またアナウンスするのを忘れていました。すみません。もし、今からでも準備できる人はどうぞご参加下さい。

昨日のブログは途中で終わってしまってすみませんでした。昨日は基本休みだったのでゆっくりさせていただいたのですが、昼間はDVDを見ていました。なんせ2本ですからね。1本でも時間がなくて、返しに行った日に同じものをまた借りて来ると言うことも少なくないのですが、今回は2本絶対に観てしまおうと思っていました。

ショーン・ペンという俳優さんをご存じでしょうか。

私は、クリスチャンになる前(かな?)に一度だけ映画を見たことがあります。その映画では、死刑囚を演じていたのですが、どちらかと言うと、その死刑囚に面会に行くシスターの方が非常に心に残る映画でした。あとで一緒に行った方にお話を伺うと、そのショーン・ペンと言う人は非常に個性派で、ちょっと違う味を出す、しかもそれが非常に上手いという評判の人でした。

これは今回知ったのですが、彼の家族は俳優一家で、お父さんと言う人は”刑事コロンボ”の監督をした人だそうです。

今回借りたDVDは、そのショーン・ペンが主役で、7才児の知能しかないのに父親になって、その娘をどう育てるのかを裁判で争うと言う映画なのですが、もう非常に感動して”涙、涙”でした。

彼はスタバで、時給のバイトをしているのですが、子供が生まれると言うので病院へ駆けつけ、感動の対面を果たします。しかし、親子三人で退院して病院を出ると、母親はそのまま失踪してしまい、パパが一人で悪戦苦闘する羽目になってしまいます。

もちろん仕事も、今まで通りと言うわけにはいきませんし、知能障害の仲間たちとの集まりも、万事が変わってしまいます。

娘が学校に行き始めると、父親が知能障害であるゆえに笑われることに、娘は思わず「本当のお父さんではない」とお友達に言ってしまうのですが、そこから親子が引き離され施設に入れるか、親権はどうなるかという裁判になっていくのですが、弁護士となってくれた”負け知らず”の敏腕美人弁護士の弱さ、お隣に住んでいるジュリアード音楽学院を首席で卒業した引きこもりのオールドミス、また、おなじ知能障害を持った5人の友、娘の里親となるご夫妻などなどを描きながら、変わらない親子の愛、娘を大好きなパパと、パパを大好きな娘が繰り広げるやり取り、大感動でした。

このショーン・ペンと言う人は監督もされるようです。知能障害を持った大人の役、なりきっていましたね。噂通り、非常に好演でした。

知能障害を持った人って、他の人を傷つけない純粋さを持っていて、なぜかそれにみんなが魅かれていくんですよね。頭が良くて他の人を見下してばっかいる人とは大違いです。本当に大感動でした。

うまくいって週に一本ですが、これからも地味にツタヤにお世話になっていこうと思っています。

今日は今日で、朝一番に歯医者の予約、それからピアノの調律の方が見え、ストーブの掃除、午後から3月分のメッセージをまとめてワードで打ち、メールで林さんに送りました。

4月から(おそらく4日から)新しいHPに移行しますので、今回のまとめが最後になるかと思います。今までご奉仕して下さった方々、本当にありがとうございました。これからの新しいHPもどうぞよろしくお願い致します。

そういうわけで、今日も一日忙しかったです。

明日からもまた頑張りましょうね。

今日は今日で終・わ・り!

毎日温度やお天気が変わり、非常に不安定な日々が続いていますので、風邪などひきませぬよう、十分ご注意下さい。

あなたとあなたのご家族皆様の上に、主のお守りと平安、恵みと祝福が豊かにございますよう、主の御名によってお祈り致します。アーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です