永遠のいのちとは・・・パートⅡ

こんばんは。

いよいよ冬らしくなってきました。今日みたいに風が吹くと、一層体感温度が下がり、首をすくめて歩いているのではないかと思います。

今夜は月一の「半徹=リバイバルナイト」でした。なかなかリバイバルナイトらしく定着しないのが悩みの種ですが、それでも、毎月少人数であってもこうして毎月毎月15年間位続けさせていただいていますから感謝です。

もっともっとたくさんの方々が、同胞の救いを願って集まる祈り会になるようにと願っています。

ところで、昨日も「永遠のいのち」について触れましたが、もうしばらくこの”永遠のいのち”について考えてみたいと思います。

毎年クリスマスの時期には”罪”という言葉が気になっていましたが、今年は何故か”永遠のいのち”という言葉が離れません。もしかしたら、人間が一番求めているのはこの”永遠のいのち”かもしれないと思い始めました。

だめだ。 だんだん瞼が仲良くしてきてしまいました。

まだ何も書いていないのに、かくことはあすにんsssssssssssssssうs

ごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です