御声に従えば・・・

こんばんは。

今日も良いお天気で感謝でした。天気予報で”雨・・・”というのがどこかにちょこっと残っていて、朝あまりにも良いお天気だったので”あれっ??”と思っていたら、夜になってからジャジャ降りになってきました。ちょうど外へ出ていて、傘もなかったもんですから、久しぶりに雨に濡れました。暖かい日で本当に良かったです。寒いと風邪ひきのもとですよね。

今週の水曜日頃から連続で一気に8℃くらい下がっちゃって、最低気温が3℃、4℃になっています。びっくりしました。やはり初冬です。

今日は月曜日で基本休みなのですが、朝からバタバタで、一日中忙しくしていました。お昼ご飯食べたのも1時半くらいで、なんだかあっという間に一日が終わっていく感じです。まだ11月なのに、師走のようなあわただしさですね。実際の師走はのんびりいきたいものです。(笑)

自分の生活の中で、朝のお祈りや聖書を読む時間はものすごく大切にしています。ところが、近頃寒くなってきたのもあるでしょうが、もう一ついろいろ忙しいことも大きな要因で、その時間がかなり少なくなっていることが重要課題です。夏は5時くらいに起きても全然平気なのですが、今でいう5時はもう寒くなって来ていますよね。

何を大切にして優先順位をつけ、こなしていくかですが、昨日、メッセージして下さった先生が、一緒に食事をした折、奥様のご両親と同居していて(婿殿であらせられる)、96才の元気なお義父様と、寝たきりになったお義母様、そしてもちろん奥様(塾を開いていて夜10時頃帰宅されるそう)に仕えているのが今の自分だとおっしゃったことに非常に励まされました。

昔は、キリストのキの字も嫌がっていたお義父様が、コックでもある先生が1週間分の献立を作り、毎夜5品の夕食をごちそうすると、今では「ありがとう」と言って下さり、夕食の材料費まで出して下さるのだそうです。他の先生方は、一生懸命勉強したり、伝道したりしているのでしょうが・・・と言われていました。

確かに、伝道者として召された者にとっては、伝道したり、祈りと御言葉に専念できるのは理想的です。でも、いろんな理由や事情で、現実はやはりそうとばかりは限らない。

自分のやるべきことがはっきりわかっていても、それが出来ない時がある。実につらい、試練の時です。でも、「今、神様はこれをせよと言われている。」と聖霊様の御声を聞くなら、その御声に従った方が正解だと私も思っています。だから、無理はしない。御声に従っていれば、必ず神様の栄光を見ると信じています。

沖縄の亡くなった義父は、かなりの頑固者だったと聞きましたが、亡くなる前の、まだ元気だった時、「お義父さん、イエス様信じて、天国のいのちもらいましょうね。」って言ったら、「息子がそんな仕事しているのに!」と答えてくれました。息子が牧師の仕事しているのに、信じないわけがないでしょう!と言ってくれたんです。孝行息子の主人の、今までのすべての祈りと善行が報われた瞬間でした。

今日、遅い昼食を摂りながら主人とその時の話になり、「ホントに立派なお父さんだった。お父さんのことを話すと涙が出るよ。」と、ポロポロと涙を流していました。

主は確かに御業を進めておられますから、主の御声を聞いて、やるべきことをちゃんとやっていれば、ちょうど良い時に御業を現わして下さいます。アーメン

あなたのご家族、ご親族の皆様も、主の栄光にあずかることが出来ますように。アーメン

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です