「怒り」という感情…

こんばんは。

今日は少々じめっとしていた感はありますが、それでも過ごしやすい一日で感謝でした。じめっと湿っぽかったのは、南の方で発生した台風18号のせいでしょうか。今朝も起きた時、雨が降ったようでしたが、明日も雨が降るとの予報です。ますます季節の移り変わりを感じますね。

ところで、明日は第五聖日ということで、私たちの教会では午後から「大掃除」の予定です。本当は秋らしいカラッと晴れたお掃除日和を期待していたのですが、まあ、出来ることをやらせていただきます。

また、礼拝も「証しとショートメッセージ」ということになっており、短いので、ここで少しお分かちしたいと思います。

私たちは誰でも「怒り」という感情を持ちやすい者ですよね。自分の思い通りにならなかったり、体を傷つけられたり、また侮辱されたりすると「腹が立つ」ったり、「カッとなる」たり、「頭にくる」などと口走ったりします。

これらの一つ一つは辞典で「怒りとは?」で調べたものです。

辞典ってほんとにすごいとおもうのですが、何を隠そう…、実はスマホの中にインストールしたものです。今の時代、実に便利ですよね。私は、ガラケーの頃から電子辞書にはよくお世話になっています。今日、お分かちしたいのはこの後なんですけど、

「もし、自分のうちに『怒り』の感情が現れたら・・・??」

彼女(辞典のこと)は言います。

まず①10秒くらい数える(深呼吸すること)

②自分を客観的に見る(怒っている自分から2、3歩下がって、後ろから自分を見る)

③言いたいことは次の日以降にする  

また、怒りを押しとどめたり、蓋をしてなかったことにしたりしないで、感情を感じ切ること 

「されたこと」ではなく、「してほしかったこと」を伝え、相手の言い分もしっかり聞くこと

などなどたくさんのことを教えられました。

最初に深呼吸するところ当たり良いですよね。彼女も相当怒って失敗したことから学んだのではないかと思います。

どうぞ、これから参考にして下さい。

私もそうするつもりです。

えっ? 彼女は機械だから怒らない? 

う~ん、ごもっとも! ごもっとも!!(笑)

だんだんクレージーキャッツに似てきた。(高笑)

明日も良き一日となりますように。

すべての教会の礼拝が祝福されますように祈りつつ、おやすみなさい。

P.S

来る10/2(水)pm7:00~「リバイバルミッション2019」が開かれます。わかりやすい、楽しい聖書のお話と、素晴らしいサックス演奏をお楽しみ下さい。集会は無料で、どなたでも参加できます。ただし、集会の中で自由献金があります。本当に自由な献金です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です