「敬老礼拝」祝福のうちに終わる!

こんばんは。

台風の接近で、宮崎の空港も夕方6:40以降は欠航となっています。

問題は明日ですが、―おそらく心配はないかと思いますが―

万一欠航になるとややこしくなるので、何とか台風がそのまま通り過ぎてくれるのを祈るばかりです。

ところで、今日の「祝・敬老礼拝」は祝福のうちに終了致しました。

皆様のとりなしの祈りを心から感謝致します。

求道者11名で、そのうち2名の方々は全く初めてでした。少しづつでも教会は前進しています。

今日はお隣町のブラジル人の先生に来ていただきました。

マルコの福音書4章35節から41節までで、「イエス様が、さあ、向こう岸へ渡ろう。」と言われたところから語って下さり

「イエス様はいつも共にいて下さる」ので、安心して船に乗って良いことや、

神様は絶対に約束を破らないお方であること、

ご自身の御名にかけて、言い送ったことを必ず成功させて下さるお方であることなどを語って下さいました。主は価値のない者など創造しないし、あなたは神に愛されるために生まれたこと、必ず良い計画を持っていること、主にお従いすること、主を喜ぶことは力となることなどなど、たっくさんの神様からのメッセージが込められていました。

午後からの愛餐会も盛りだくさんで、たっくさんのおいしいごちそうをいただきながら、ゴスペルフラあり、ハーモニカ演奏あり、独唱あり、パペットありとホントにお腹も霊も十分に満たされた一日でした。

多くの方々のご奉仕と献金と献品、本当にありがとうございました。

神様、皆様が喜んで帰って下さって感謝でした。続けてお導き下さい。感謝しつつ…。アーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です