9/8(日)「祝・敬老礼拝」のご案内

こんにちは。

9月の声を聞くと、本当に季節が変わったんだなと思いますね。

あなたのところも同じでしょうか?

朝の温度はほとんど23℃、日中の最高温度は32℃か33℃で落ち着いているようです。30℃を超すと暑いなあと思わなくもないですけど、ひところの暑さに比べれば何でもないですよね。その上、朝夕がかなり涼しくなりましたので、一日、一日が涼しくなったというのがやはり正直な感想です。

ところで、今日は第一でいろんなことを教会で話し合う日でしたが、純福音で育ったわけではない私には、純福音が何なのかはっきりわかっていないと思います。

と言うよりも、今、そういうことを言う人は稀です。どの教団、教派でも一致しましょうと掛け声をかけあっていますし、教会がお互いに責め合っていては証しになりません。神様の前に一つになって、心を合わせ、力を合わせ、お互いがお互いを必要として補い合うところに神様ご自身がご臨在して下さるのではないでしょうか。

個人的に嫌いだとか、気が合わないとか、そんなレベルで物事を考えていたのでは神様は悲しみますし、一致が生まれるはずはありません。「あなた方は互いに愛し合いなさい。」と言う命令は、古くて新しい、いつの時代にも語られるメッセージです。

メッセージ後、「立ち上がってメッセージに応答する祈りをしましょう」と言っても立ち上がらず、「〇〇のために献金しましょう。」と言っても、「私は献金しません。」と言う。こちらからいろいろ言わないで、神様にお任せするのが一番良いと思います。

まあ、今日はいろんな意見が出て良かったと思います。「教会に問題がなくなったらそれこそ問題です。」と言われた、先日のTPKF大会で交わった先生の言葉が思い出されます。さらに、祈りつつ、一つ一つ前進あるのみです。

ところで、今度の日曜日は「祝・敬老礼拝」となっています。午前10時から始まりますので、いつもより少し早めにお集い下さい。

私たちの教会でも老人の方々の割合が多く、いつも礼拝に出席されている約半数の方々は該当者です。求道中の方々を入れると、もしかしたら敬老者の方が多いかもしれません。一応、25人分用意することになりました。

メッセンジャーは、「いのちの言葉」教会の梶田博之先生です。

おそらく近辺の教会で一番篤く燃えている先生です。なんせ、ブラジル人は篤い!!その篤さを私は大好きです。一緒に篤く、熱く燃やされたいと思います。もしかしたらメンバーの方も何人か一緒にいらっしゃるかもしれません。大歓迎いたします。

聖書の中の記事で、イエス様が昇天なさった後、約束の聖霊が下り、お弟子たちが聖霊に満たされて全く別人のように変えられた時、人々は「彼らは酒に酔っているのだ!」と言った人もいました。

そんなふうに、聖霊に満たされると酒に酔ったかのようになる人もいますし、手が勝手に震えだしたり、大声で笑い始めたり、中には転げまわるような方もいらっしゃいます。泣き出す方もいらっしゃいます。聖霊様に満たされると、いろんな現れもあるんですよね。

でも、いろんな集会に出席される方はそういう場面に出会い、それらが聖霊様のお働きであることを理解できますが、あまり他の集会に行かれない方にはまるで気違いのように思えるのでしょうか。

お弟子たちは、聖霊様が語らせて下さるので大胆に語りました。異言で語ったのです。見ていた人たちは驚いたと書かれてあります。

ああいうふうに大胆に語るようになりたいものですね。

自分自身にとって今、イノベーションです。自分自身が変わらなければならない時です。

聖霊様のなさることに恐れず、ひるまず、臆せず、満たされて大胆に語っていきたいものです。アーメン

あなたもどうぞ、聖霊様に委ねて、祈りつつ、一つづつ前進して下さい。

私たちの信じておられるお方は、良きお方です。アーメン

季節の変わり目です故、お体ご自愛下さいまして、どうぞ健康にお過ごし下さい。

今週一週間も主が共におられて、すべての歩みを祝して下さり、導いて下さいますようお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です