沖縄の母パートⅡ

こんばんは。

今日も良いお天気で感謝でした。

朝ちょっと肌寒い感じでしたが、だんだん雲が薄れ、お昼ご飯を食べる頃になると薄日が差していました。

昨日は、沖縄の母のことを書きましたが、一番うれしかったことは今日のことです

。沖縄に帰った時、小さなトラクトを4枚持って帰りました。

それはこちらで医大へ訪問に行った時に渡そうと思ってバックの中に入っていたものです。

4枚のうちから「イエスさまがうまれたよ。」という、子供向けのかわいいイラストトラクトを選び、病院に持って行って紙芝居のようにして見せました。

そのイラストがなんともかわいらしいのです。

1ページづつ視界に入るようにして、紙芝居として見せ、読んで聞かせました。

すると、一番最後にはっきりと「私は、本当にイエス様を信じているよ~!」と言うのです。

昨日も書きましたが、沖縄の義母は本当に頭がクリアです。

それでもまだわが耳を疑っていましたが、今度は主人に向かって、さっきと同じセリフ「私は本当にイエス様を信じているよ~!」と言ったのです。

「神様は私の献金を見ていて下さった!」と思いました

。と言うのは、母が洗礼受けてから、私はずっと母の名前で献金をささげてきたからです。「どうぞ、母を救ってください。」と思うのが一つ、また、「健康が守られますように。」と祈ってきたからなのです。

神様は本当に真実なお方です

。どんな小さな献金でも覚えて祝福して下さったからです。ハレルヤ!

あなたにも主の天が開かれ、大いなる祝福と恵みが注がれ、主の御名があがめられますように。  アーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です