ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

お祈り会二人で・・・

こんばんは。

昨日も暑かったですよね~ぇ。今朝は冷えたので、襟が首上まで延びているあったかいブラウスを着ていたからでしょうか、昨日よりもさらに暑く感じました。

夕方5:30頃夕食を食べたのですが、あまりにも暑かったために窓を開けていたのですが、ちょうど夕食時、涼しい風が入って来て、「まるで夏・・!」と思いました。モズクスープや暑いお茶を飲みながら食べたことも一因でしょうが、とにかく暑かったです。

そして、窓から入ってくる風は、まるで暑い日の冷たい水のように心を突き抜け、体中に涼しい風を吹き込んでくれました。ハレルヤ!

外を見てみると、まだまだ白く冠雪した富士山が、とてもハッキリクッキリ浮いていて、綺麗でしたよ~!!

 

今夜はまた祈祷会でした。昼間の祈祷会は役員さんが全員来て下さるのですが、夜は、私と先生の二人だけです。

先生も、賛美が終わると戻ってしまうので、結局私一人になってしまうのですが、今までも何度もこういう祈り会は経験して来ていますので、全く苦になりません。それどころか、DVDで思いっきり賛美して、恵まれています。

今夜もたくさんのことのために、また人々のためにとりなし祈れたことは本当に感謝なことでした。これからも続けてとりなし祈っていきたいと思います。賛美もものすごく恵まれますし、祈りもたくさんささげることが出来ました。

これからの教会のことや、私たちのこと、行事のため、コロナのため、宣教師ファミリーのため、そしてエルサレムの祝福のためなどなど、本当にたくさんのことを祈っています。あなたも是非加わりませんか?

まだまだ寒い日もありますし、暑い日も多くなってまいりました。どうぞ体調管理にお気を付け下さり、元気にお働き下さい。祝福を祈りつつ・・・。

備えが必要・・

こんばんは。

今日は暑かったですね~ぇ。夏日でした。日本各地で観測されたようですが、いよいよこれから暑い夏に入って行くんですね。

今年は桜もめっちゃ早くて、例年予定の「桜祭り」には葉桜となってしまいました。このサクラ開花もまた全国版に早かったみたいですね。

夏に入るのも早いようですし、台風や雷など、夏特有の災害もなんだかとっても早かったり、大きかったりするような予感です。果たして・・・。

 

先日からたくさんの仕事が重なっていて、一日に5つも6つも同時進行していますが、そのうちの一つ、消火器の点検が今日終わりました。

消火器購入後3年経つと、山梨防災〇事という「消火器」を買った会社から連絡が来て、会社が点検し、それを国(?)に報告する義務があるのだそうです。

私たちの教会では5個購入し、そのうちの一個は、母が借りている家のもので、私が個人的に買ったものですが、教会が買った時に一緒に買ってもらったので、当然点検も一緒にしていただきました。

教会に3個、牧師館に1個置いています。その5個を一個一個見て回り、”点検済み”のシールを貼って下さいました。そして、書類に必要事項を書いて提出するのだそうですが、そのために本当は8000円の費用が掛かるのだそうですが、今回はなんと無料にして下さいました。感謝!!

あと2年経つと、今度は中身の入れ替えになるそうですが、一本につき5000円(?)づつかかり、さらに点検する技術料ですかねー有資格者しかできない仕事なのでー8000円がかかるのだそうです。

私たちの教会は不特定多数の方がお見えになるので、この消火器はもちろんのこと、AEDも備え、防犯カメラも設置してあります。

時代が時代ですから、いろいろ備えて行かなければならないのは仕方のないことで、有事の際には大いに助かるだろうと思います。

先日も、県警の方がお見えになり、防犯カメラのSDカードを貸して下さいと言われました。「何かお役に立てましたでしょうか?」と聞きましたならば、「犯人の車に間違いないと思います。大いに役立ちました。」と言われ、「お役に立てて良かったです。」と話したことでした。

AEDも、外を通る方が”この施設にはAEDが備えられている”ということが分かるように、外の見えるところに「AED」と貼るのが義務付けられているそうで、いつそれを貸して下さいと言われないとも限りません。地域のために貢献できることは良いことですが、願わくばそういうことのないように願いたいものです。

実は、防犯カメラはそれ以前にも役に立っているんです。だから、教会として備えていて良かったなあと思っています。

 

ところで、私たち人間が一番大切なこととして備えなければならないのは、実は「死」に対して答えを持っているかどうかということです。

この「死」というのは、すべての人が体験することと決まっていて、一番恐ろしいことだと認識されているところに誤解があります。もし、その「死」に対して答えを持っているならば、「死」は絶対に恐れるものではないのです。

ある人は「死んだら無になる」と考えている人もいますが、聖書は、「死んでも生きるいのちが与えられている」と教えています。

一般的に言う天国とは、聖書では「神様がご支配なさる国」と理解します。ですから、天国は死んでから行くのではなく、神様を信じた時からすでに天国人としての生活が始まっていると教えています。神様が一緒にいて下さるところが天国です。そこは平安と喜びの国です。賛美と感謝があふれているのです。

そうは言っても、私たちが生きているこの世では、悲しみや苦しみ、病気や事故、貧困や死別、事件や戦争などなど、数えきれないほどの多くの問題があります。でも、心の中に神様がいて下さるならば、そんな大変な境遇にあっても決して絶望せず、小さな希望や小さな幸せを見つけることが出来るのです。

イエス・キリスト様は、十字架にかかって死なれましたが、三日目によみがえり、今も生きておられる真の神なるお方です。神様のご支配なさる天国へのパスポートは「イエス・キリスト」という名前のみです。ぜひあなたも、ご自分の死のことについて時には真面目に考え、今、元気なうちにその答え、すなわち「イエス・キリストなるお方を持つ」という備えをしていただけたらと思います。

これから暑くなって来ますので、どうぞ体調崩さないよう十分お気を付け下さい。

コロナもいよいよ拡大傾向にあります。GWが心配ですが、感染予防対策バッチリ取っていきましょうね。主がお守り下さいますように。アーメン

あなたとあなたのご家族皆様の健康が守られますよう、主の御名によってお祈り致します。

おやすみなさい。

コロナ死者 世界で300万人超・・・

こんにちは。

昨日はほとんど一日中雨が降っていて寒かったのですが、今日は一転、朝から快晴です。風があり、周りの山々が新雪をかぶったのでしょうか?!冷たく感じますが、太陽のお恵みはそれ以上のものがあります。

 

ネットニュースで、コロナの死者が、世界で300万人を超えたことを知り驚いています。いまだに感染拡大しており、いったいどれくらいの人数を飲み込んでいくのだろうと思います。

日本でも、10都府道県で蔓延防止策が発表され、第四波とも懸念されています。ワクチンの接種も始まったものの、いまだ終息の宣言は聞いていません。それどころか、フェイザー製は、3回打たないといけないようなことも聞いています。いったいいつまで拡大していくのでしょうか。というのも、変異株が非常に感染力が強く、家族の中で一人が変異株にかかれば家族全滅感染と聞き、非常に驚いています。

我が家では、92才の母と、今年65才になる私が対象ですが、ワクチンを接種する前にかかりつけ医の許可をもらって下さいと書かれてあったので、かかりつけ医に行ってる間に〆切人数に達し、今回は逃してしまいました。5月頃また受付が始まると聞いていますが、逃した人が優先でもないそうです。高齢者だけではなく一般の方の受付も一緒だそうですから、また逃してしまう公算も大きいです。まあ、そのうち順番が回って来て受けられるだろうと思います。

とにかく外出する際には十分気を付け、うがい、手洗い、鼻うがい、手指のアルコール消毒、マスクをかける、密を避けるなど、一番最初から言われていることを地道にやる以外にありません。

母の施設も守られていて、今まで一度もストップがかかってないことは感謝なことです。これからも守られるよう、主に祈りつつすがっていきたいと思います。

 

今日は礼拝の中で、TVライフラインを見させていただきました。今年のイースターメッセージと、ビオラとピアノのデュオご夫妻の演奏など、非常に恵まれました。

TVメッセンジャーのお話は非常にコンパクトに、また、ポイントをピンで捕らえ、わかりやすく語られていて、さすがだなあと羨ましく思いました。すごいですよね。

またご夫妻の演奏は非常に訴えるものがあり、奥様のお証しを聞いて「なるほど、そうだったのかあ!!」と納得致しました。

今回出したCDは4枚目だそうで、「希望 主イエスよ来たりませ」というタイトルです。ご自身病いを経験し、その入院生活の中で御言葉と祈りを繰り返すという非常に豊かな経験をされ、またその時に主ご自身から「わたしは新しいことをする」という御言葉をいただき、その御言葉の通りに、今のご主人様との出会い、結婚へと導かれ、新しいことが始まったということです。

私たちの教会では、そういういきさつはまったく知らなかったのですが、ちょうどその4枚目のCDを購入し、毎週礼拝前や祈りの途中、また閉会後に聞いていたので、神様のなさることに驚きつつ、主の恵みと祝福に心から感謝したことでした。

お一人お一人のお証しを聞くたびに、神様のなされることはなんという奇跡、恵みであろうかと感動せずにはいられません。これからもこの主にしっかりすがり付いて、たとえどんな働き、どんな環境境遇においても、主の御名を心からほめたたえたいと願います。アーメン

 

まだまだ朝夕は冷えています。それに比べ、昼間はグ~ンと気温が上がりますので、どうぞ体調崩さないよう十分お気を付け下さい。

あなたとあなたのご家族皆様の健康が守られ、主イエス・キリスト様のお守りと平安、恵みと祝福が豊かにございますようお祈り致します。

今週一週間も、コロナから、あらゆる事故、危険から守られますように。主にありて

葬儀でやっちまった~!(>_<)

こんばんは。

今日はほとんど一日中雨が降っていますが、そんな中、メンバーの葬儀式と納骨式が執り行われました。

式が始まってすぐ、何か声が小さいな?と思っていましたら、参列されていた役員さんが「マスク外して・・」と合図して下さり、”あっ、そうか・・”とバカ素直に反応し、すぐにマスクを外したのですが、でもなんか違うなあとは思っていました。

式次第にそって式が進み、ついに終盤で別の役員さんにお祈りをお願いするのに、ワイヤレスのマイクを外すと、なんともうすぐ終わろうとする時やっと”マイクのスイッチが入ってない”ことに気が付き、「あいや~!」と冷や汗ものでした。

役員さんの声はマイクを通して良く聞こえ、ご参列の方々も気が付いただろうなと思いましたが、そのまま終わってしまいました。

今日は朝からいろんなことが起こり、ついにこんなことまでしてしまって、ご家族初めご親族の方々に非常に申し訳ない気持ちです。

お祈りをお願いした役員の方に、式後「マイクが入ってなくて・・」と打ち明けると、「いえ、良く聞こえてましたよ。」とおっしゃって下さり、少しだけ安心しました。

納骨式もすべて終わって自宅でゆっくりしていた時に、今度はご家族の方からお礼の電話をいただき、「ありがとうございました。両親もとても喜んでいましたし、納骨まで済ませて、とても安心していると思います。」と言われたので、私の方も肩の荷が下りてホッとしました。

教会からの茶封筒の中に、教会名の入ったトラクトと、クリスチャン新聞福音版5月号、それからテレビライフラインとラジオ世の光いきいきタイム、デイリーブレッドの電話配信のご案内も書かせていただきましたので、家に帰ってホッとして読んで下さったら感謝だなと思います。

何がきっかけで福音に触れたり、救われたりするかわかりませんので、あらゆるチャンスを用いて伝えていきたいと思っています。主が用いて下さいますように。

明日はDVD礼拝です。メンバーの方々もテレビライフラインを知らない方が多いようなので、明日はこれを一緒に見ようかなと思っています。毎週日曜日の朝8:30からですので、これを見てから教会の礼拝に出席できますよね。もし、何かの都合でおいでになれなくても、そういう番組を見て下さって、少しでも霊的な食べ物を食べていただけたらと願います。特に、いろんな事情で礼拝に来れない方々にもお知らせしていけたらと思います。

YouTubeでも、いろんな教会の礼拝や聖会、セミナーなどに参加することが出来る時代ですから、そういうこともお勧めしていきたいと思います。時代にあったあらゆる宣教の方法が活かされているのですから、用いない手はないと思います。お一人お一人が神様に愛されている存在です。そのことを一人でも多くの方に知っていただきたいですし、一回でも多くそのような機会に触れていただきたいです。アーメン

 

明日の、すべての教会の礼拝が祝福されますようにと祈ります。

あ~あ、でもやっぱり、やっちまったな~!😢(>_<)

明日は葬儀式・・

こんばんは。

今日もなんだかヒヤッとする一日でした。灯油がついに切れてしまい、主人と「1缶で良いよね。」と言いながら、買いに出ました。

寒いのは日本全国どこも同じようで、この寒さで霜や凍結があり、特に果物の生産者は悲鳴を上げているとのことです。

私たちが桃のお手伝いに行ってた頃もこんなことがあり、桃の葉が霜で焼けてしまったのでした。霜が当たった部分は茶色に変色し、決して元には戻りません。

幸い、桃そのものにはそんなに影響しませんが、それでもどうかすると、桃まで茶色に変色していることもありました。生産者がおっしゃるに、「今までの経験や統計が全く効かず、お手上げ状態だ!」ということでした。

そうですよね、どんな仕事でもたいがいやり方、方法は一定の順序法則があり、それによって良い収穫を得てきたわけです。

ところが、霜が降ったり凍ったりするのは以前なかったことであり、想像もしていなかったことだったのです。

今年もまた異常気象なんですね。黄砂も来ているようですし、台風もすでに2号発生しているんですか?!これから先、いったい何が起こるのかと思いますが、主にしっかり掴まっていきたいと思います。

 

ところで、明日は葬儀式です。

教会のメンバーが49才で、突然亡くなりました。あり得そうであり得ない事故です。

先日、葬儀式の打ち合わせでご家族が見えた折、お父様が「子供の方が先に逝くということは、本当に親不孝ですよ。」と泣いておられました。ご家族、ご親族の方々の上に、主の慰めが豊かにございますようにと祈らずにはいられません。

明日はお天気も雨の予報で、気温も13℃までしか上がらないようですから、皆様はもちろんのこと、私も健康が守られますようお祈り下さい。また、霊園に納骨にも出かけて行きます。すべてのプログラムがスムーズに進められますようにともお祈り下さい。

あさっての日曜日はちょうどDVD礼拝となっています。私がアナウンスを間違えたためですが、こうなってくるとかえって良かったかな?と思います。神様がすべてを益に変えて下さいました。感謝します。

週末に向け、いろいろ準備することがあります。

葬儀式も、礼拝も、豊かな主のご臨在にあふれ導かれますようにと祈りつつ、おやすみなさい。